2007年10月11日

オリゴ糖のヒミツ

乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂取できるサプリも多々発売されていますが
オリゴ糖とは一体何者なのでしょう。

オリゴ糖は単糖と多糖の中間的な存在であり、単糖が3〜20個ほど連結したものです。
糖とは炭水化物の1種なのですが、1分子からなる単糖と
単糖が多数結合した多糖に分かれます。
ブドウ糖や果糖と呼ばれるものが単糖で、単糖が数珠繋ぎ状につながった多糖には
デンプンやセルロースなどの食物繊維、ヒアルロン酸などがあります。
ちなみに砂糖(ショ糖)はブドウ糖と果糖の2分子からなる二糖類になります。

このオリゴ糖は分解されにくく、ヒトの身体に消化吸収されることは殆どありませんが
便秘の改善や高脂血症改善、虫歯予防、体脂肪を減らすなど
さまざまな生理活性作用が期待されています。
オリゴ糖は味噌や醤油などの発酵食品、根菜をはじめとする野菜類や果物、
はちみつやコーヒーなどに含まれています。

オリゴ糖にはもうひとつ、重要な役割があります。
ビフィズス菌の餌となって腸内の乳酸菌量を増やすことです。

乳酸菌が腸に効くで乳児の腸内にビフィズス菌が多いことを書きましたが
粉ミルクで育った赤ちゃんには雑菌が多いことが知られていて
母乳にビフィズス菌を増やす成分があることが期待され、研究が進められました。
その結果オリゴ糖に着目、粉ミルクにオリゴ糖を添加すると
赤ちゃんの腸内のビフィズス菌量が増えることが認められたのです。
現在発売されている粉ミルクには全てオリゴ糖が配合されていますので心配はありません。

オリゴ糖と乳酸菌を一緒に摂ると効果が高いとのことで
両者を合わせたサプリメントや健康食品が多数開発されています。
赤ちゃんのみならず成長した私たちもオリゴ糖で、健康な腸を維持したいものです。
posted by ビフィズス菌 at 10:44| ビフィズス菌

2007年10月08日

ビフィズス菌を摂るには

さて、ビフィズス菌を食べ物として摂取する方法です。

ビフィズス菌・乳酸菌といって真っ先に思いつくのはヨーグルト。
同様の食品に乳酸菌飲料もありますね。
ヨーグルトの起源は1万年前にさかのぼると言われています。
牛の乳首には乳酸菌が棲み付いていて、子牛がくわえる乳首を
清浄な状態に保っているのだそう。
だから牛乳を搾れば、その中に乳酸菌が含まれますから
自然に発酵してヨーグルトができるのです。

ただし、このときに発酵してヨーグルトを作る乳酸菌は
ブルガリア菌やサーモフィラス菌であり
ビフィズス菌はほとんど入っていないそうです。
ビフィズス菌入りのヨーグルトは、人為的に
ビフィズス菌を添加して作られているのです。

そのビフィズス菌も腸に届くまでに
胃の酸などで死滅してしまう可能性があります。
安全に腸まで届けるために、ビフィズス菌を
カプセルに入れて配合した商品も開発されています。

また、蒼井優さんのCMでお馴染みですが
新ビオフェルミンSの「人由来の乳酸菌」も気になります。
これはヒトの排泄物から分離した腸内細菌のうち
有用なもの3種を純粋培養したものです。

少々キタナイように感じますが、分離・純粋培養された時点で
純粋に微生物だけの状態になっていて問題ないそうです。
3種のうちの1種がビフィズス菌であり、
腸への定着性に優れて有害菌の繁殖を防いでくれるとあります。
錠剤と顆粒タイプの2種類が発売されています。

最近では「植物性乳酸菌」という言葉も聞くようになりました。
植物性乳酸菌とは牛乳以外・植物由来の糖から
乳酸を生成して繁殖するタイプの菌です。
動物性乳酸菌に比べ餌となる糖の種類に濃度、
生育環境が苛酷でも広く生息することができるそうです。
人間の腸まで届き、活発に活動することが知られています。

この植物性乳酸菌をたっぷり含んでいる
日本独自の食品がぬか漬けです。
ぬか漬けを食べたときの酸味は植物性乳酸菌由来なのです。
ぬか床の中には酵母菌と乳酸菌がバランスよく生息しており
野菜などに風味だけでなく各種ビタミンなど栄養素をプラスしてくれます。
そしてぬか漬けを食べることで乳酸菌そのものも摂取できるのです。
ぬか漬けを食べることで、腸内のビフィズス菌量が増えたとの報告もあります。

最近CMなどでよく見かけるケフィア。
ケフィアも乳酸菌と酵母菌を一緒に摂取する食品ですので
ぬか漬けと理屈は同じと考えられます。
ただしケフィアに含まれる乳酸菌は動物性のものですが
ケフィアの摂取でも腸内ビフィズス菌の量は増えるそうです。

ぬか漬けを食べるためにぬか床を毎日かきまぜることが難しければ
サプリメント感覚でこのような食品を利用するのも良いでしょう。

posted by ビフィズス菌 at 16:06| ビフィズス菌

2007年10月03日

ビフィズス菌とダイエット


大食いにも関わらず美食家さながらのゆったりとした仕草と
幸せそうな表情で人気のタレント・ギャル曽根さん。

連日のようにTVで拝見しますが、あの華奢な体と
すさまじい量の食事とのギャップに驚くばかりです。
スリムになるため食事制限をしている女性にとっては
いくら食べてもスリムボディのギャル曽根体質は憧れでしょう。

ところで、ギャル曽根さんのスリムボディのヒミツが
ビフィズス菌にあることをご存知でしょうか?

金スマというバラエティ番組で
ギャル曽根さんを徹底的に身体検査したのですが
検便の結果、一般女性に比べてビフィズス菌の数が
2〜4倍と極めて多いことが分かったのです。

乳酸菌が腸に効くで触れたように
乳児の腸内にはビフィズス菌が多く、年を重ねると減っていくのですが
ギャル曽根さんの結果に検査をした医師が
「まるで赤ちゃんのようだ」と発言されています。
乳酸菌が多い結果、腸内環境が整えられて活動が活発になり
排便もスムーズになるといわれています。
ギャル曽根さんの排便回数は1日5〜6回だそうです。

もちろんギャル曽根さんのヒミツはそれだけでなく、
食後の血糖値が上がらないことや、褐色細胞の機能が非常に高く
寝ている間も起床時と同様に脂肪が燃焼されていることが分かりました。
ですが一般女性の腸内細菌のうち、ビフィズス菌は10%台ですが
ギャル曽根さんの場合は50%以上がビフィズス菌。

ギャル曽根さんの「やせの大食い」の一番の理由が他のところにあったとしても
ビフィズス菌が何かしらの役割を果たしていることは明らかです。

番組中ではビフィズス菌と排便の関係に触れたのみですが、
ビフィズス菌が活発に活動していれば、摂取した食物の
おおよそ10〜20%はビフィズス菌の活動に消費されると言われています。
そして最近ではビフィズス菌が腸内環境の改善のみならず
血圧降下、免疫力活性化など様々な生理活性があることが明らかにされ、
脂肪代謝を改善し脂肪の蓄積を抑制するというダイエット効果も期待されているそう。

乳酸菌量をギャル曽根さんの域にまで増やすのは難しいかもですが
ビフィズス菌の摂取で、腸もボディもすっきりさせたいですね☆
乳酸菌の餌になるオリゴ糖を摂取するのも効果的だそうです。



posted by ビフィズス菌 at 14:38| ビフィズス菌